富士見環境緑化株式会社
草花が連続開花することで修景性を向上する『フローレェラ工法』のご紹介
サイトマップを見る
会社案内メールでのお問合せ
TOP
工法案内 環境対策緑化工法ソイルストッパー工法 ソイルストッパー併用
景観緑化工法
ソイルストッパー併用
モルタル法面特殊緑化工法
ウッディソイル工法 法面マルチング工法 フローレェラ工法 ホートク屋上緑化システム
施工実例 急傾斜法面の樹林化 伐採木活用の法面緑化 植栽計画の提案
緑化のご提案
資材紹介 造園資材 法面資材
認定商品・工法
よくあるご質問
お問合せ
会社案内 企業理念
リンク集
個人情報保護について
TOP工法案内>フローレェラ工法

フローレェラ工法
工法一覧へ戻る

播種による連続開花と群落形成。
フローレェラ工法
キーワード 景観造園法面

特徴
開花時期の異なる草花種子を吹付、手蒔きにより一度に数種類(多いときは20種類程度)播種し、草花が連続開花することで修景性を向上する事ができる工法です。

草花の修景緑化工法として草花混合種子による播種工事を弊社は日本全国で行ってまいりました。
現在では都市修景緑や道路周辺修景の向上を期待する事の他に、郷土種の草花を用いたり休耕田、稲の裏作など多岐に渡ったニーズがあります。

フローレェラ工法では顧客の要望する開花目標、立地、気候、施工時期に合わせ、最適なプランを提案し責任施工を致します。
フローレェラ工法
フローレェラ工法 連続開花例
現場:静岡県松崎町 大規模花畑


施工例
工法を施工した現場の経過状況一例です。
施工前 施工後
施工例
施工例


施工例
施工例


こんな現場に最適です。
●修景向上を図りたい立地に適用。
・イベント会場での駐車場周辺や道路脇など色彩鮮やかな草花により修景性が向上します。
・休耕地等で、景観作物として草花を導入する事ができます。



工法一覧へ戻る

お気軽にご相談、お問合せください
Copyright(C)2006 Fujimi group. All Rights Reseved.