富士見環境緑化株式会社
既設モルタル法面を破壊せずに全面緑化を図る工法のご紹介
サイトマップを見る
会社案内メールでのお問合せ
TOP
工法案内 環境対策緑化工法ソイルストッパー工法 ソイルストッパー併用
景観緑化工法
ソイルストッパー併用
モルタル法面特殊緑化工法
ウッディソイル工法 法面マルチング工法 フローレェラ工法 ホートク屋上緑化システム
施工実例 急傾斜法面の樹林化 伐採木活用の法面緑化 植栽計画の提案
緑化のご提案
資材紹介 造園資材 法面資材
認定商品・工法
よくあるご質問
お問合せ
会社案内 企業理念
リンク集
個人情報保護について
TOP工法案内>ソイルストッパー併用モルタル法面特殊緑化工法

ソイルストッパー併用モルタル法面特殊緑化工法
工法一覧へ戻る

既設モルタル法面を破壊せずに全面緑化を図る工法
ソイルストッパー併用モルタル法面特殊緑化工法
キーワード 景観NETIS法面モルタル面緑化

特徴
施工済のモルタル法面を緑化。

既設モルタル法面上に植生の全面成立を図る工法です。
モルタル面に高密度ヤシマット敷設後、ソイルストッパー工法を行なう手順に
なります。

通常のソイルストッパー工法との違いは前者は急傾斜に施工するのに対し、本工法は一度施工されたモルタル法面の上に施工する工法です。


ソイルストッパーが土留め役割を果たす事で、全面緑化を可能としました。
また緩斜面でも積雪地での雪摺り対策に活用する事も可能です。

工程
拡大画像をみる 当工法では、ヤシマットを敷設し、
その後植生基材吹付工を行ないます。

  
ヤシマット敷設により、
●余剰水の速やかな排出
●余剰水による緑化基盤材の流亡防止
●保水性、保肥性向上等の効果が得られます。

画像
▲モルタル面清掃
画像
▲ヤシマット敷設
画像
▲金網張り
画像
▲吹付作業

施工例
施工した現場の経過状況一例です。

ヤシマット敷設 ソイルストッパー取付・金網張り


施工後 1年経過 吹付


こんな現場に最適です。
●既設のモルタル法面を緑化したい
既設のモルタル法面を緑化する設計の際に、モルタル法面の破壊を最低限に抑えて全面緑化を図る事が可能となる。


工法一覧へ戻る

関連リンク

認定工法:NETIS

お気軽にご相談、お問合せください
Copyright(C)2006 Fujimi group. All Rights Reseved.