富士見環境緑化株式会社
生チップ材活用でゼロエミッションでの法面緑化『ウッディーソイル工法』のご紹介
サイトマップを見る
会社案内メールでのお問合せ
TOP
工法案内 環境対策緑化工法ソイルストッパー工法 ソイルストッパー併用
景観緑化工法
ソイルストッパー併用
モルタル法面特殊緑化工法
ウッディソイル工法 法面マルチング工法 フローレェラ工法 ホートク屋上緑化システム
施工実例 急傾斜法面の樹林化 伐採木活用の法面緑化 植栽計画の提案
緑化のご提案
資材紹介 造園資材 法面資材
認定商品・工法
よくあるご質問
お問合せ
会社案内 企業理念
リンク集
個人情報保護について
TOP工法案内>ウッディソイル工法

ウッディソイル工法 NETIS:CB-040068-V
工法一覧へ戻る

木質系発生材を有効活用した資源循環型緑化工法
ウッディソイル工法
キーワード リサイクルコストダウンNETIS法面ゼロエミッション

特徴
廃棄物として取り扱われる木質系発生材を破砕チップ化し、直接生育基盤として有効活用を図る法面緑化工法です。生チップ材を主たる生育基盤として活用しますが、従来の植生基材吹付工とほぼ同等の緑化創造を可能としました。

※「ウッディソイル工法」は、平成15年3月にグリーン購入法特定調達品目に追加された、工法:「伐採材及び建設発生土を用いた法面緑化工法」に該当します。

『ウッディソイル工法』は粉砕生チップ材を植生基材吹付工の吹付基材として直接用いる工法です。

生チップ材を植生基盤として使用した場合、物理性(主に保水性、保肥性)不全や生チップの腐植過程で生成される植物阻害物質により植物の生育は不良となります。当工法では副資材「ウッディソイル」と発育促進剤「フジミG−160」を使用する事によりそれらの原因を回避し、従来の植生基材吹付工に近い導入植物の発芽、生育を可能としています。

副資材として使用する「ウッディソイル」はグリーン購入法特定調達物品に登録されています。
また「ウッディソイル」に使用する発酵下水汚泥コンポストは建設技術審査証明書を受け、堆肥化技術、安全性、肥料・土壌改良材としての効果を認められたものを使用しております。

資材「ウッディソイル」紹介をみる

発酵下水汚泥コンポストとは?


工程
拡大画像をみる 当工法で使用する生チップ材として、
施工現場内で発生する木質系廃棄物を活用する場合と、木くずの中間処理施設で製造するものを活用する2通りが挙げられます。

画像
▲現場破砕
画像
▲施設破砕
画像
▲吹付プラント
画像
▲吹付仕上がり面

施工例
ウッディソイル工法を施工した現場の経過状況一例です。(吹付前〜吹付後)

施工前状況 吹付完了直後
施工例
施工例
施工完了後15日経過状況  
施工例
施工例
施工完了後30日経過状況  
施工例  


こんな現場に最適です。
●伐開現場でゼロエミッションを図りたい
●木質系廃棄物を資源として活用したい
●コストダウンを図りたい

伐開現場などで法面緑化を行う現場内で、伐採木、根茎が発生する場合。産業廃棄物として処理する木質系廃棄物を資源として活用できる為に、コストダウンに繋がります。
上記ケース以外でも、木質系廃棄物を取り扱っている中間処理施設から生チップ材を購入し、施工を行うことができます。こちらも従来工法と比較しコストダウンを図ることが可能です。



工法一覧へ戻る

関連リンク

施工実例:伐採木活用の法面緑化

認定工法:NETIS

認定法面資材:ウッディソイル(グリーン購入法特定調達物品)

お気軽にご相談、お問合せください
Copyright(C)2006 Fujimi group. All Rights Reseved.