富士見環境緑化株式会社
屋上緑化にかかわる資材をあわせてご提供『ホートク屋上緑化システム』のご紹介
サイトマップを見る
会社案内メールでのお問合せ
TOP
工法案内 環境対策緑化工法ソイルストッパー工法 ソイルストッパー併用
景観緑化工法
ソイルストッパー併用
モルタル法面特殊緑化工法
ウッディソイル工法 法面マルチング工法 フローレェラ工法 ホートク屋上緑化システム
施工実例 急傾斜法面の樹林化 伐採木活用の法面緑化 植栽計画の提案
緑化のご提案
資材紹介 造園資材 法面資材
認定商品・工法
よくあるご質問
お問合せ
会社案内 企業理念
リンク集
個人情報保護について
TOP工法案内>ホートク屋上緑化システム

ホートク屋上緑化システム
工法一覧へ戻る

建築物屋上緑化システム
ホートク屋上緑化システム
キーワード 景観造園リサイクル屋上緑化

特徴
乾燥しやすい環境での緑化に最適な土壌を目指して、数十年以上も人工土壌の製造販売を続けた実績を元に、建設物の屋上空間に緑を導入する事が出来るシステムを開発いたしました。有機質、無機質のリサイクル品を有効活用し屋上用の人工土壌を製造。屋上緑化にかかわる資材をあわせてご提供する事が可能です。

使用する人工土壌は
「ホートクソイル」です。

この土壌は軽量、飛散しにくい事、安全性が高い事が特徴であり、全国の製造拠点で製造が可能となることから、従来活用されている製品と比較しコストを抑えた製品となります。
ホートク屋上緑化システム

工程
屋上緑化では植物に必要な水分を保持し、余剰水分は速やかに排出する事が必要になります。これは土壌厚が荷重制限により限られる事、重力方向に水が浸透しない事、防水層の保護の観点からになります。ホートク緑化システムでは、貯排水層と人工土壌層を設けこの問題に対応します。
ホートク屋上緑化システム
ホートク屋上緑化システム
ホートク屋上緑化システム
《施工に当たってのご注意》

【荷重制限】
建築物には積載重量の制限があります。必ず耐荷重制限を確認し、制限を越えない設計をする必要がありますのでご注意下さい。

【建築物の防水】
屋上緑化を導入する前提として建設物の防水が完全に成された事が条件となります。
屋上緑化に不向きの防水を行っている建築物では、防水を再度やり直す必要があります。
また既設の建築物に屋上緑化を導入する場合には、老朽化により防水機能が劣化している場合があります。その際には防水をやり直す必要も生じますので、建物の防水種類と耐年数などに問題がないことをご確認ください。


施工例
施工した現場の一例です。
施工例
▲屋上全体
施工例
▲屋上植栽部


工法一覧へ戻る

関連リンク

認定造園資材:ホートクソイル

お気軽にご相談、お問合せください
Copyright(C)2006 Fujimi group. All Rights Reseved.