富士見環境緑化株式会社
植生基材吹付工に、包装袋の増粒加工を加えた『環境対策緑化工法』のご紹介
サイトマップを見る
会社案内メールでのお問合せ
TOP
工法案内 環境対策緑化工法 ソイルストッパー工法 ソイルストッパー併用
景観緑化工法
ソイルストッパー併用
モルタル法面特殊緑化工法
ウッディソイル工法 法面マルチング工法 フローレェラ工法 ホートク屋上緑化システム
施工実例 急傾斜法面の樹林化 伐採木活用の法面緑化 植栽計画の提案
緑化のご提案
資材紹介 造園資材 法面資材
認定商品・工法
よくあるご質問
お問合せ
会社案内 企業理念
リンク集
個人情報保護について
TOP工法案内>環境対策緑化工法

環境対策緑化工法 NETIS:CB-100007-A
工法一覧へ戻る

法面緑化工事で発生する空袋の現場内有効活用工法
環境対策緑化工法
キーワード リデュースゼロエミッションNETIS法面

特徴
法面緑化工事にて使用する、基盤材、肥料などの包装袋を生分解性プラスチック製とし、施工現場内で有効活用することで、廃棄物発生をゼロにする工法です。
施工後に残る空袋を、現場内でペレットに造粒加工をし、それを生育基盤材と混合吹付する工程になります。


造粒加工には専用の「造粒機」を用い、1回の加工で
包装袋約60枚あたり20分程度必要となります。

●現場にて、専用『造粒機』を導入、空袋を造粒ベレット化へ
現在、主に使用されている包装袋に生分解性樹脂(J−A1マスターバッチ)を採用。
自然界の土中の微生物によって分解され。自然(土)に還っていきます。
緑化資材「基盤材」「肥料」「安定剤(パウダー)」種子(バッチ詰め)を生分解性包装袋にて取扱えます。

●造粒ペレットを生育基盤層へ
空袋は破砕を経て、粒径5mm程度に造粒、この工程を一度に専用『造粒機』により成形します。
生成した【造粒ペレット】は、基盤層内に空隙をつくり通気性を向上させる効果を発揮します。 
これにより、導入植物の発芽・初期生長速度が上昇します。 

「環境対策緑化工法」は、汎用工法である植生基材吹付工に、
包装袋の増粒加工を加えた工法です。

 
吹付基盤材として、専用の「環境ソイル」「ハイパワードソイル」をご用意しております。
環境ソイルの詳細はこちら ハイパワードソイルの詳細はこちら

工程

※在来工法である、
  植生(厚層)基材吹付工と同様

吹付基盤材、種子、粘結剤、肥料の包装袋は分解性のため、これらの活用により、
施工現場から廃棄物が発生しません。





■法面勾配 1:0.6、最大法高80m以下
■ホース延長 200mまで
■施工法面 200u以上
※ペレット添加に必要な面積


▲造粒ペレット

▲肥料、粘結剤、種子の
  分解性袋

▲吹付面の造粒ペレット近景
  (施工3ヵ月後)

こんな現場に最適です。
●廃棄物発生抑制が必要となる、法面施工現場。
●生チップ工法用の副資材も生分解性袋を完備しています。


燃焼できる有機系廃棄物の発生量は年々増大しており、処理を行うプラントの維持や点検頻度も逼迫しています。
法面緑化で使用する資材はリサイクル品が多いのですが、包装袋が廃棄物として残るデメリットを、当工法では完全に回避できます。



工法一覧へ戻る

関連リンク

認定工法:NETIS

お気軽にご相談、お問合せください
Copyright(C)2006 Fujimi group. All Rights Reseved.